狐の杯

Sep 19 2014
災害の人災面を強調してそれに一斉にバッシングの声を上げるという、昨今のネットの風潮は問題の解決を結果的に阻むようにも思える。

1 note

Sep 17 2014
痩せたとはいえ、母に太っていることを責められた経験は、わたしに深く禍根を残している。欲しい服があっても、自分には似合わないと棚に戻してしまう。鏡を見るとわたしのからだが100kg以上あるような幻視が見える。町中で皆がわたしを指差して「デブ」「ブス」「存在が人に迷惑を掛けてる」と笑っているという幻想に捕われる。ぽっちゃりとした女の子が可愛い格好をしていたり、彼氏を連れて楽しそうにしていたりするのを見ると、デブのくせに幸せそうなんて許せない、という思考が頭を渦巻く。

5 notes

+
こうして「貴様」という言葉が敬語からベジータ語になったように、「お祈り申し上げます」も50年後には侮辱語になってるのかな。

32 notes

+
いわゆるガラパゴス携帯の絶滅を目の当たりに「ああ、正統進化だけじゃ、いずれ売れなくなるんだなぁ」と
製品開発の根本のナニカを見た気がしました。

27 notes

+
バグは納品できるけど未実装は納品できないんだよ。

392 notes

+
濱口氏は、日本型雇用システムの本質は、「職務の定めのないメンバーシップ型雇用契約にある」と指摘する。集団の一員として、無制限の残業など時に労働法に反する「滅私奉公」をしなければならない代わりに、長期にわたる雇用保障が受けられる。「このシステムは、かつてはうまく回っていた。経済は拡大し、女性は結婚退職するので、男性正社員は多くが管理職になれた。しかしバブル崩壊後の経済低迷で、管理職になれない中高年が大量に出てくることになった」

14 notes

+
大人は残酷(ざんこく)な兵士にもなるけど、家に帰ったらやさしいお父さんにもなる。愛することや大事なものを知ってるから。でも、少年兵は物事の重大さが分からず、簡単(かんたん)に人を殺しちゃうんだって。生前(せいぜん)にそう言っていました。子どもってそういう生き物。

3 notes

Sep 15 2014
どうせその断捨離した物が必要な時は他人に借りに来るんだろ? PCのリカバリディスクが無ければ買い直しするんだろ? 要するに他人を倉庫代りにしたり安易に金で解決したり。

9 notes

+
むしろ、萌えとは、ある種犯罪的な香りをも伴った、日陰者の社会不適合者たちによって共有される感性でこそあったのではなかったか。

4 notes

Sep 14 2014
毒喰ってるような状況で生きてるのに、おいしい毒を喰わなくてどうする。

Page 1 of 1011